毎日の生活にメリハリをつけるためには既婚者も出会いが必要

結婚してから10年以上の日々が経ちましたが、夫も私もそれぞれ私生活では好きな事をしています。その事については暗黙の了解が互いの中にあって、家庭のことや夫婦関係に刺激を与える潤滑油として、夫婦以外の人と出会いを求める事はOKにしているのです。

その暗黙のルールは結婚4年目くらいの時からです。男性の場合は外へ出れば楽しいことも刺激もありますが、それに比べると女性は家にこもりがちになりす。私の夫は家の中ばかりにいて、どんどん美貌を失っていく妻を見るのが嫌いです。

外である程度の刺激を受けて、いつまでもキレイを保っていて欲しいと願うような人なので、普段から自分自身の美には意識を高くもっています。
そんな私が自分に刺激を持たせる為にしている事は、出会い系のアプリを使って、男の人とお茶を飲んだり、デートをしたりすることです。
勿論、全ての男性と一線を越えるわけはありませんし、そこまで軽い女はありませんが、出会いの中で話しや容姿の好みがお互いに会う場合はそれもありだと考えます。

だからと言って真剣恋愛に発展させる事はありませんし、それはそれ、家庭は家庭と分けて出会いを求めています。
先日、アプリで知り合ってデートした男性は既婚者の50代の男性でした。
とても話が面白くて、私よりも年上と言うこともあり、終始リードをしてくれるので大変楽でした。
その男性とは連続でデートをしましたが、あちらも家庭を大切にしている方でしたので、三回目のデートはせずに、お互いが良い思い出としました。

また、年齢差のある男性ともデートした事があります。その男性は25歳の男性でしたが、彼は独身でしたが、彼女がいる人でした。彼は年上女性が凄く好きという人でしたので、彼とも2回ほど映画を見たり、お茶を飲んだりしました。

そんな風にして夫以外の男性とデートすることで、私は美意識を高く持つ事が出来て、生活にメリハリもつくので、これからも程ほどにアプリを使っていきたいと思っているのです。
結婚しているからと守りに入るのは個人的には勿体無いと思います。

雨の日に入ったカフェでの出会い

結婚して、三年目の男性会社員です。もちろん、既婚者です。
子供もでき、幸せな毎日を送っています。

休日出勤し午後3時に仕事が終わった時のことです。
会社と職場は離れた位置関係にあるため、休日の職場周辺の雰囲気は普段の平日とは異なり活気に溢れていました。

会社を出るとどんよりした曇りの日で、急に大雨が降ってきました。
仕方がないため、どこかカフェで時間を潰すことになりましたが、平日には開いているような定食屋は閉まっており、少々こじゃれたカフェに入ることにしました。

普段であれば、女性社員で溢れている為、店に入ることを憚っていましたが今回は仕方がなしに入ったのです。

入ると店の奥の4人テーブルに案内されました。
ご飯を食べて、コーヒーを飲みながら読書をしていた時のことです。

20代後半の女性が一人、店に入ってきました。
残念ながら満席だったのですが、店員が私が座っていた4人席に相席として案内してきました。

私も構わなかったので彼女と一緒のテーブルで時間を過ごすことになりました。

5分程でしょうか、彼女の方から話しかけてきました。
「こんな天気のいい日に、出勤ですか?」

完全に読書に気を取られていた私は自分に話しかけられているとは知らぬ一時的に無視をしてしまいました。

こちらを見ていることに気づきリアクションをし、返答しました。
まさか、こんなところで女性と出会いがあるなんで思いもよらなかったので驚きました。

彼女は私に気があるようでした。
その後、LINEを交換し、何度か妻に隠れてデートをしています。

昨月は、映画をみたり、みなとみらいでデートもしました。
一応、既婚者なので、一線をまだ超えていませんが。

もちろん、一番大事なのは妻なのですが、たまにこんな出会いもありなのかな、と納得しています。

一点注意は彼女は私の指輪をつけていることを知っていたという事です。
つまり、私が既婚者であることを知ったうえで出会いを持ちかけていたので一線を越えてしまうと、、、、というリスクは承知の上です。

参考:既婚者の出会いなら合コンよりも安心安全の出会い系サイトがおすすめ!